読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまい からい

アラサーのただの自己満ブログ♪ ただの日常日記。結婚します♡

新史 太閤記

司馬遼太郎太閤記

ほんとに面白くて止まらない(^o^)!歴史ものはこれが2回目。
初めて読んだのは、楽毅という中国戦国時代の武将の本。申し訳ないけれど内容覚えてないw
けど面白かったのは覚えてる(笑)
感動して泣いたのも覚えてる。
内容を覚えてないのは、中国史が身近じゃないからだと思う。私、日本人だもん(..ಠಎಠ..)

馴染みのある日本史、しかも豊臣秀吉の本となるとこんなに楽しいのかって感じ。

ビーバーは感想文が下手でボキャブラリーも乏しいからこの気持ちを表現できない(ー ー;)

だけど、あの土地が欲しい、この藩が欲しいといった欲、天下統一という野望てのはすごいなぁと。平気でポンポンと命を捨てて、また捨てさせるというのも普通のこと。

秀吉の信長への並ならぬ忠誠愛も読むまで知らなかった。

それにしても成功する人というのは必ず新しい発想を持っていて、変化を受け入れることができる人なんやなと思った。それが信長であり秀吉であり官兵衛である。
いつまでもこの考えが正しい!異論は認めん!てままだとすぐに廃れてくのだな。

まだ下巻に入ったばかりのとこだけど、これからが楽しみ(^O^)!